メール容量確認とクリア

サーバーのメールボックスに溜まっているメール容量を、アカウントごとに確認することができます。また、メールが溜まりすぎて受信ができなくなってしまった場合や、何らかの原因でメールボックスが壊れてしまった場合、メールボックスをクリア(全削除)することが出来ます。

※ CentOS 7系のサーバーをご利用の方全てと、CentOS 6/5系の専用サーバーまたはマネージドVPSでIMAPオプションをご利用のお客様は、メール容量確認は可能ですが、メールボックスクリア機能を利用することができません。

メール容量確認とメールボックスクリアの方法
  • すべてのユーザーの確認とクリアが可能個人管理者法人共用管理者マネージドVPS管理者専用管理者代理店管理者
  • 自分自身のアカウントのみ確認とクリアが可能個人法人共用マネージドVPS専用代理店

ユーザーページの「MATIL TOOL」から「メール容量確認とクリア」を選択します。

  • ユーザーページトップ
  • ユーザーページトップ

メールアカウントとメール使用容量の一覧表が表示されます。表の「ユーザーID」と「使用容量」をクリックすると、それぞれの順序で並べ替えて表示します。

ビジネス・パーソナルシリーズにおいて、1アカウントあたりのメール容量に制限が付いているサービス(※1)をご利用の場合、メール容量制限値の4分の3以上、蓄積しているアカウントは、背景色が薄い黄緑色となります。また、メール容量制限値を超過しているアカウントは、背景色が少し濃い黄緑色で、なおかつ容量の横に「*」マークが付いており、新たなメールは届きません。

※1 制限が付いているのは、法人向けマネージドVPSと専用サーバーを除く全サービス。ただし、代理店制度専用サーバーとマネージドVPSで仕様をカスタマイズした場合を除く(2017/10現在)

クリアしたいメールアカウントの「メールボックスをクリアする」をクリックすると、確認画面が表示されますので、よろしければ「クリアする」ボタンを押してください。なお、一旦クリアすると復活は出来ませんのでご注意ください。

ここでメールボックスのクリアを行うと、サーバー内のメールボックスが削除されますが、Webメールで一旦取り込んだメールはWebメール上では削除されません。

※ CentOS 7系のサーバーをご利用の方全てと、CentOS 6/5系の専用サーバーまたはマネージドVPSでIMAPオプションをご利用のお客様は、メールボックスクリア機能を利用することができないため、「クリア」欄は表示されません。

  • メール容量確認とクリア画面
  • メールボックスクリア

※ 背景色が薄い黄緑色のアカウントは、メール容量が制限値の4分の3以上、蓄積しております。新たなメールは届きますが、制限値を超過する前に、メール容量の削減を推奨致します。

※ 背景色が少し濃い黄緑色で、「*」マークがついているアカウントは、メール容量制限を超過していますので、新たなメールは届きません。

※ 使用容量欄に[受信中]と記載された場合は、正確な容量ではない場合があります。

メールボックスの容量について

1アカウントごとのメールボックスの容量には以下の制限があります。

ビジネス・パーソナルシリーズをご利用のお客様
1アカウント当たりのメールボックス容量制限(Linux)
コースの種類CentOS7/6系CentOS5系
個人向け共用サーバー384MB224MB
法人向け共用サーバー512MB272MB
代理店制度 共用サーバー・マネージドVPS384MB ※196MB ※
代理店制度 専用サーバー512MB ※196MB ※
その他無制限

※ 代理店制度マネージドVPS・専用サーバーでは、ご依頼により制限値の増減や、制限設定をしていない場合があります。

1アカウント当たりのメールボックス容量制限(Windows)
法人向けWindows共用サーバー384MB (ホスト名がwww1ww/www2wwの旧共用サーバーでは224MB)
法人向けWindows専用サーバー384MB
快適なメールサーバー環境の維持について (CentOS5系をご利用のお客様のみ)

CentOS5系のサーバーをご利用のお客様については、サーバー上のメールボックス容量・受信頻度にご留意ください。

概ね1アカウントあたり以下の容量・受信頻度を超えない程度でご利用ください。それ以上になりますと、メールの受信時にサーバーが重くなったり、タイムアウトで受信ができなくなったりする場合があり、他のお客様のご利用に影響が発生いたします。

● POP over SSLを利用する場合

  • サーバー内のメールの蓄積が50MBを超えないようご協力ください。
  • サーバー内のメールの蓄積が20MB以上になる場合 最短でも15分間隔で受信ください。
  • サーバー内のメールの蓄積が20MB以下の場合 最短でも5分間隔で受信ください。

● POP over SSLを利用しない場合

  • サーバー内のメールの蓄積が90MBを超えないようご協力ください。
  • サーバー内のメールの蓄積が50MB以上になる場合 最短でも15分間隔で受信ください。
  • サーバー内のメールの蓄積が50MB以下の場合 最短でも5分間隔で受信ください。

サーバー内のメールの蓄積量は、ユーザーページのメール容量確認とクリアで行えます。複数のパソコンからメールを受信するなどの理由がない限り、メールソフト上で「サーバーにメールを残さない」設定で運用されることをお勧めします。

受信頻度が高くサーバーに負荷がかかっている場合は、受信間隔の延長と容量削減のお願いをさせて頂くことがあります。

各アカウントのメールボックスの使用量が大きくなりすぎると、メール受信時にサーバーが高負荷状態になり、メールの受信が行えなくなる可能性がございます。

法人向け専用サーバー・法人向けマネージドVPS、代理店向け専用サーバー・代理店向けマネージドVPSをご利用のお客様で、以下の場合、弊社よりメールボックス容量削減のご依頼を致します。

  • ・上記記載の容量を大幅に超えてメールを蓄積している場合
  • ・メールを受信することでサーバーが高負荷状態となり、他のお客様に影響が出ると判断した場合

弊社からのご依頼後、期日までにメールボックス容量の削減が確認できない場合、対象のアカウントに蓄積したメールを全て削除させて頂くこともございますので、ご了承ください。

各種申請のお手続きはこちらからどうぞ

契約情報の表示はこちらからどうぞ

設定マニュアル

クライアントの設定

トラブルシューティング

サーバーの機能

標準CGI

ユーザーページとは?

MAIL TOOL

WEB TOOL

SYSTEM TOOL

DB TOOL

LOG TOOL

リンク

サポート窓口リファレンス

    • 個人 法人共用 マネージドVPS 専用 代理店
    • …それぞれ、個人向け・法人共用・法人マネージドVPS・法人専用・代理店制度をご契約の方にご利用いただけます。
    • 個人管理者 法人共用管理者 マネージドVPS管理者 専用管理者 代理店管理者
    • …それぞれ、個人向け・法人共用・法人マネージドVPS・法人専用・代理店制度をご契約で、管理者の方にご利用いただけます
    • …いずれのアイコンも無い場合はすべてのユーザーにご利用いただけます