Joomla (3系)

個人法人共用マネージドVPS専用代理店

Joomlaは世界で最も利用されているオープンソースCMSの一つで、豊富なテンプレートやエクステンションを使用し、ウェブサイトを構築することができます。

Joomla 3 の特徴
  • 複数人でブログ等の作成・管理、認証を使用した会員向けページ、等様々な機能を利用することが可能です。
  • エクステンションが豊富であり、機能拡張が容易です。
  • 検索エンジンとの親和性が高く、SEO対策にも適しています。

Joomla!JAPAN:Joomlaって?(別のウィンドウが開きます)

  • Joomla3画面イメージ
  • Joomla画面イメージ
Joomla 3 のインストール方法
01.Joomla 3 ご利用上の注意
  • ※ Joomla 3系のインストール機能は、ビジネス・パーソナルシリーズのうち、OSがCentOS6/RHEL 6系の場合にのみにご提供される機能です。OSがCentOS5/RHEL 5系のビジネス・パーソナルシリーズではご利用になれません。OSがCentOS5/RHEL 5系のビジネス・パーソナルシリーズでは、Joomla 2系がご利用可能です。
  • ※ CGIインストーラーからインストールできるJoomlaは Joomla!じゃぱんによる日本語翻訳版です。
  • ※ 文字コードはUTF-8になります。
02.CGIインストーラーへアクセス

ユーザーページにアクセスし、CGIインストーラーをクリックします。

  • ユーザーページメイン画面
  • ユーザーページ

「Joomlaのインストール」のリンクをクリックします。

  • CGIインストーラーメイン画面
  • CGIインストーラーメイン画面

Joomlaのインストールフォームが表示されますので、Joomlaをインストールしたいディレクトリを選択、及び、入力し、「Joomla のインストール」ボタンをクリックします。

  • CGIインストーラー
  • CGIインストーラー:Joomla
  • ※ 既に存在するディレクトリが指定された場合は、上書きインストールされます。
  • ※ ディレクトリ欄を空欄にして、ドキュメントルート直下にインストールした場合、Joomlaのシステムと同じファイル名を持つ既存のコンテンツ(例: index.php等)が削除されますので、十分にご注意の上、実施してください。
  • ※ Joomlaをご利用頂くには、MySQLデータベースが必要です。Joomlaに利用するMySQLデータベースは、あらかじめDB管理ツールで、文字コードをUTF-8に変更してください。
03.CGIインストーラーでのインストール完了

以下の画面が表示され、Joomlaのインストールが完了します。「Joomlaの初期設定画面にアクセス」のリンクをクリックしてください。

  • CGIインストーラー完了
  • CGIインストーラー完了:Joomla
04.サイト設定

言語の選択は「日本語(Japan)」が選択されていることを確認してください。

メイン設定では作成するサイト名、サイトの説明、スーパーユーザのアカウント詳細情報を入力し、「次へ」をクリックしてください。

入力項目
サイト名 ウェブサイトのサイト名をご入力ください。
サイトの説明 ウェブサイト全体の説明文をご入力ください。
Eメール 任意のメールアドレスをご入力ください。
ユーザ名(半角英数字) 管理画面にアクセスするための任意のログイン名をご入力ください。
パスワード 管理画面にアクセスするための任意のパスワードをご入力ください。
パスワード再入力 パスワードを再度ご入力ください。
  • サイト設定画面
  • インストール言語の選択画面
05.データベース設定画面

データベース情報の設定を行います。「基本設定」の各項目を入力後、確認して「次へ」をクリックしてください。

入力項目
データベース 「MySQL(PDO)」を選択してください。
ホスト名 表示されたままでかまいません。
ユーザ名 「DBユーザー名」をご入力ください。
パスワード 「DBユーザー名」に対する「DBパスワード」をご入力ください。
データベース名 「DBユーザー名」に対する「DB名」をご入力ください。通常はDBユーザー名と同一です。
テーブルプレフィックス 通常はデフォルトのままで構いません。
(※ただし既にこの文字列で始まる名前のテーブルが存在しないことを確認してください。)
古いデータベースの処理 デフォルトの状態でかまいません。
  • データベース設定画面
  • データベース設定画面
06.最終確認と概要

表示された画面上部ではサンプルデータのインストール有無とメール通知の設定、下部では今まで設定した内容や、インストール前の確認項目が表示されます。

サンプルデータのインストール、メール通知は以下を参考に、それぞれの設定の選択を行ってください。

選択項目
サンプルデータのインストール サンプルデータをインストールする場合は、任意の種類を選択し、サンプルデータのインストールボタンをクリックしてください。
メール通知 メール通知するか任意で設定してください。
  • 概要画面(上部)
  • 概要画面(上部)

画面下部には、今まで設定した内容や、インストール前の確認項目が表示されます。内容を確認して「インストール」ボタンをクリックしてください。

  • 概要画面(下部)
  • 概要画面(下部)
07.不要ファイルの削除

「Joomla!は正常にインストールされました。」と表示されたら、FTPやファイルマネージャーでアクセスし、Joomlaをインストールしたディレクトリ内のinstallationディレクトリを削除してください。(「installationフォルダを削除」ボタンでは削除できません)

  • インストール完了画面
  • インストール完了
08.インストール完了

installationディレクトリ削除後、左下の「管理画面」をクリックし、管理画面にアクセスしてください。削除するまではウェブサイトトップおよび管理画面を開くことができません。

  • 管理画面ログイン画面
  • 管理画面ログイン画面

※ 弊社では、Joomla 自体のサポートは行っておりません。